« 2005年9月 | トップページ | 2011年10月 »

2005年10月 6日 (木)

ハルとナツ(ブラジル移民)

harunatu

kasado01 笠戸丸でブラジルへ移民した人のドラマ。いい作品になっている。NHKが一年がかりで作った作品。5回連続のきょうは5回目、最終日。

日本からの移民奨励に応募してブラジルへ移っていった人の悲しみ、喜びを橋田寿賀子のシナリオで描いている。日本に残る妹ハル、ブラジルに渡る姉ナツと分けて、日本の歴史、ブラジルの歴史を織り込んで、70年。お互いに手紙が届かず、お互いに誤解していたことが、文通をした手紙が発見されて、一気に70年の軌跡が理解しあえる筋立てになっている。

都合がよすぎるストーリーだけど、こうしないと、日本とブラジル、ハルとナツ、両方を描けないだろう。両方を均等に扱いすぎている気がする。むしろ、ブラジルに力点を置いてもよかったのではないか、とも思う。

b_haru_050930_kaiken 毎回、貧しかった日本の歴史をこれでもか、と見せられて、貧しいながらがんばってきた幸せもあったと涙してみている。ブラジルの日本「勝ち組」の存在があることは知っていたが、これは日本を思う真情は涙のこぼれるほどの愛国心だね。

移民一世日本人のご苦労は、あまり知られていないが、多くの非業の死をした人々の残り、ともいえる。よく今日まで生きてきたもの。こんなドラマを見せられて、泣くお年寄りがいても不思議ではない。

日本という国が、国民をかなりの数、捨てた歴史ではないか。ブラジルへ棄民、満州へ棄民、こういう事実はある。満州からの引き上げの話も取り上げられてしかるべきではないか。

《あらすじ》
b_haru_kaiken01
左から仲間由紀恵、米倉涼子、橋田壽賀 子、森光子、野際陽子

 1934(昭和9)年、北海道の開拓村(架空の村)での赤貧洗うがごとくの暮らしから抜け出すべく、ハル(9歳)の一家はブラジルへの移民を決意。だがハルの最愛の妹・ナツ(7歳)だけが眼の病気のため神戸港から船に乗れず、二人の姉妹は引き裂かれる。
 ハルのブラジルでの移民生活は、いばらの道の連続。日本に残されたナツも戦争に翻弄され、苦しい生活を強いられる。姉妹は、互いに綿々と手紙を書き続けるが、運命のいたずらが二人の前に立ちはだかる。ともに相手の手紙を手にすることが出来なかったのだった。

b_haru_title http://www.nhk.or.jp/sapporo/bangumi/b_harutonatsu.html

【ブラジル移民メモ】

日本人のブラジル移民は、1908年(明治41年)の「笠戸丸」から始まった。
サンパウロのコーヒー農園が労働力不足に悩んでいたこと、1907年の協定により日本人のアメリカ移民が難しくなったことが相まって開始された。その数は1908年から戦前が19万人、戦後は5万人。ピークは1925年~36年の昭和初期であり、ドラマ内の家族の移住も1934年(昭和9年)の設定にしている。

その9割が、コーヒー農園の契約労働者で、低賃金であった。ほとんどは、金をため故郷に錦を飾りたいという出稼ぎ移民で、それがかなわず永住が定着するのは戦後だった。西日本出身者が多く、12歳以上を最低3人含む家族移民が基本だったので、女性も多かった。
また、サンパウロ州の中部・北部のコーヒー農園での数年を経て、1920年代後半からは、北西部やパラナ州などへ移動、綿作などの独立農となるケースが多かった。サンパウロ州最奥地に、幾百もの日系集団地を築いた。
1937年ブラジル政府により、日本語による学校教育、日本語新聞の発行、日本語の集会が禁じられ、日米開戦後、規制はさらに強まった。戦後、日本の勝敗をめぐって、いわゆる「勝ち組」「負け組」という日本人同士の対立があった。

現在、ブラジルの日系人は140万人ともいわれるが、8割以上が都市に住み、ほとんどが中産階級となっている。
公式HPより

2005年10月 5日 (水)

秋の長雨

Rain01 Rain08天気図を見ていれば、雨になることはわかるが、そうはいうものの、秋雨はシトシトと切れ目なく降る。

Rain05Rain07雨を楽しむためには、こちらから働きかけるしかないだろう。雨の姿、これを写してみようと思った。

微細な光景に着眼して、雨のあとを写してみた。クリックして大きくしてみると、案外楽しい写真になっている。

2005年10月 1日 (土)

読売新聞新潟版 9月25日(日)彰さん哀悼

SasakiA4特に頼んだわけでもないのに、新潟から記者が彰さん宅へ来て取材をして帰った。そして、このような記事になった。記事からも 彰さんの人柄が偲ばれる。

取材の当日は、捜索に加わってくれた釣り仲間、四、五人がいろいろ息子たちの知らないエピソードなど語ってくれたそうだ。親子は、ずいぶんと、家庭では語っていない思いを知ったとか。

新潟県に行けば、そこで長く付き合いが続く友人ができている。それは新聞にも書かれているが、彼の人柄がこうひきつけるのだろう。

返すががえすも、惜しい人が亡くなった。残念で仕方がない。私としては、20年は共に話せる人だと思っていただけに、体の一部をもがれたような気持ちだ。

新聞記者は葬儀の終わった次の日の日曜日に取材。
取材に立ち合って話を聞かせてくれたのは、父の渓流つり仲間の四人でした。神谷さん、ヒロシさん、田中さん、杉本さん、ありがとうございました。(Mai)

身近な秋 見つけた

B9839 B9842 よく見ると、露を含んで太陽を受けて光っている。命の営みを彼らもがんばってやっている。

(写真はクリック拡大してください)   表示→文字サイズ 大にしてみてください。

きょうからB9904B985210月になって、7月や8月がどこへ行ったのか。アッという間の夏だった。一方、秋が本番、時を得て咲いている花も今ここにいる。B9847 B9877

B9861 B9899

多くの草は、人間の手を借りないで、自分の力で生きている。次代のため実をつけ、消えていく路傍の草の生き方にいとおしさを感じる。Yuuhi9917 Susuki9922      秋の夕日、ススキの穂

« 2005年9月 | トップページ | 2011年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ