« かぶとむし誕生 | トップページ | 還元水で脂肪分解  »

2005年7月20日 (水)

真光元 光合堀菌

Hori8791 真光元シンコウゲン 光合堀菌コウゴウホリキンという言葉が、昨日から急に有名になった。

岐阜県恵那市の研究所の宿泊施設で、死んだ12歳の少女は、小児糖尿病患者だった。毎日インシュリンを打たなければならないのに、それを光合堀菌に頼ったことが問題だったように見える。

光合堀菌は、真光元が体内に入ったときの名称のようだ。水が腐らないなど、不思議な効能があるようだ。

fig_prodこれだけニュースになったあと、 効能がニセ、欺瞞とわかったら、破滅になるだろう。

とにかく権威が認めないと、自分では判断できない。胡散臭いとしか思われない。万が一、これが第三者が認めたら一気に評価が変わるだろう。

しかし、今は異端だから、薬事法という目から見られている。まともには受取ってもらえない。こういう世間からは、ニセ物と見られる。多分、世紀の大発明も、こういう扱いを最初は受けていたのだろう。ガリレオの「地動説」は、もっとひどい扱いを受けていただろう。

この「真光元」がいいも、悪いも、私はわからないが、少数派のベンチャーをつぶさない世間の空気を醸成しないと、日本の活性化は生まれない。自己の判断で物を見る、この精神を大事にしたい。ただ、新興宗教化するのはなぜだろう。

こういう大化けするかも知れないモノを評価するのが「先物買い」。株取引する人は「買い」なのだろうか。勇気のいる判断だ。危ないもの10個買って、一個当たればいいという商売をする人もいる。

« かぶとむし誕生 | トップページ | 還元水で脂肪分解  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106956/5065481

この記事へのトラックバック一覧です: 真光元 光合堀菌:

« かぶとむし誕生 | トップページ | 還元水で脂肪分解  »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ